高校物理の勉強法に対する疑問に回答していきます。
高校物理Q&Aとは
物理ネット予備校の無料体験に申し込むときに寄せられた物理に対する質問と、その回答まとめています。

物理ネット予備校公式(大学受験校)
物理ネット予備校公式(社会人校)

田原の物理 無料講義はこちら 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校物理を勉強している人はよく

「物理公式を暗記しても、問題が解けない」

と嘆いているのをみかけます。

物理ネット予備校の無料講座のコメント欄にも、

「物理公式は覚えていますが、問題が解けません」

「物理公式を当てはめる問題は解けますが、ちょっとひねられれば解けません」

といったコメントが並びます。

なぜこのような事態に陥るのでしょうか?


物理公式を暗記しているという状態は、たとえるなら、頭の中の記憶の引き出しの中に、「物理公式」がごちゃごちゃに入っている状態です。

引き出しに入っている「物理公式」と全く同じものを目の前に出されて、

「これと同じものを見つけて持ってきなさい」

と言われれば、引き出しをごそごそかき混ぜて、何とか目的のものを取り出すことができます。

これが、

「物理公式を当てはめる問題は解けます」

という状態に相当します。



しかし、入試問題レベルになると、そうはいきませんよね。

一見したところ同じには見えないものが目の前に示されて、

「これに適したものを見つけて持ってきなさい」

と言われるわけです。

こうなると、記憶の引き出しに「物理公式」をごちゃごちゃと投げ込んでしまった人は、適切な公式を見つけられません。

これが、まさに、

「物理公式を当てはめる問題は解けますが、ちょっとひねられれば解けません」

ですね。


では、物理の問題が解けるようになるためには、どうしたらよいでしょうか?

引き出しを整理して、それぞれの物理公式の間の関連性を調べ、分類して、ラベルをつけ、必要に応じてどれを取り出せばよいのかすぐに分かるようにしておく必要があります。

僕は、この作業を、「解法体系を作る」と呼んでいます。


では、どのようにして「物理公式」を整理したらよいのでしょうか?

実は、とてもうまい整理法があるのです。

物理公式は、数式で書いてあるので、ある公式から、別の公式を式変形によって導くことができたりするのです。

そのような「導出関係」によって整理すると、非常にきれいに整理することができます。

また、1つ1つの物理公式を丸暗記しているのと違って、ある部分を忘れてしまったからといっても、別の物理公式を覚えていれば、式変形によって導くことができるので安心です。


そんな便利なことを、学校の物理の授業で教わっていない?


それには、理由があるのです。

ある物理公式から別の物理公式を導く式変形には、多くの場合、微積分が使われます。

高校物理は、「微積分を使わないで説明する」ことになっているので、ほとんどの場合、学校では説明してくれないのです。

一部の高校の先生だけが、こっそり教えてくれるだけなのです。

だから、高校生の多くは、物理公式がばらばらのまま記憶の引き出しに入った状態になっていて、公式をそのまま当てはめる問題は解けても、ちょっとひねられた問題は解けないという悩みを抱えてしまっているのです。

では、どうやったらこの問題を解決できるのか?

これをご覧下さい。

公式を暗記に頼らない高校物理の問題
スポンサーサイト
子どものときから、スカイプ英会話をやればよいのではないかと思う。

子どもの語学学習能力は、驚くほどだ。

日本にいて、英語コミュニケーションを十分な量だけ行うのは、なかなか難しいけど、スカイプ英会話なら、5000円以内で毎日できたりするので、現実的に日常生活に英語を入れていくことができる。

これからの時代、本当に使える英語が必要になると思う。

子どものときから、英語をどのようにして入れていくのかということは、考えなくてはならないことだと思う。
最近、話題のスカイプ英会話について考えてみたいと思う。

日本の学校教育で英語を学ぶと、とにかく、英語をしゃべるトレーニングが少ないので、なかなかしゃべれるようにならない。

しゃべる回路ができないんです。

それに比べて、フィリピンや東南アジア各国では、とにかく英語をコミュニケーションの道具としてしゃべらなくてはならないので、しゃべるための道具として英語を勉強している。

フィリピン人講師のスカイプ英会話を、やってみたんだけど、講師はネイティブではないのに、とにかく英語がうまい。自由に使いこなしている。

英語教育の考え方が、まったく違うところから出発しているみたい。
--------------------------------
▼物理で困っていること
 もともと苦手ですが、もし式が立てられても答えまでの計算がうまくできません。
--------------------------------

計算をミスするということですか?
それとも、数式の処理の仕方が分からないということですか?

物理の数式処理には、1行1行に意味があります。
僕は、その意味をとても大切にしています。

1つ1つの式の意味が見えてくると、計算をするのが楽になるし、楽しくなってきますよ。
Pirokoさんへ

物理Web講座の田原です。
コメントありがとうございました。

▼物理で困っていること
 数式や図がイメージと重なるとなるほどと思うことがよくある。物理自体はとても楽しい学問だと思うのだけど テストのために勉強すると思うとイメージの前に公式をできる限り覚えようとしてなかなかうまくいかない。

【回答】
イメージと結びつけずに丸暗記した公式は、結局、使いどころが分からずに
使えないということになってしまいます。

ほとんどの公式は、原理から簡単に導出できますので、
導出を覚えたほうが、使いどころも分かるので、
学習効率がよいです。

田原式では、原理から法則を導いて問題を解いていきます。
問題に応じて、どの法則を導くのかという基準も明確にしています。
このように勉強していくと、楽しさと、点数が両立できますので、
もしよかったら参考にしてください。

春期講習
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。