高校物理の勉強法に対する疑問に回答していきます。
高校物理Q&Aとは
物理ネット予備校の無料体験に申し込むときに寄せられた物理に対する質問と、その回答まとめています。

物理ネット予備校公式(大学受験校)
物理ネット予備校公式(社会人校)

田原の物理 無料講義はこちら 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Pirokoさんへ

物理Web講座の田原です。
コメントありがとうございました。

▼物理で困っていること
 数式や図がイメージと重なるとなるほどと思うことがよくある。物理自体はとても楽しい学問だと思うのだけど テストのために勉強すると思うとイメージの前に公式をできる限り覚えようとしてなかなかうまくいかない。

【回答】
イメージと結びつけずに丸暗記した公式は、結局、使いどころが分からずに
使えないということになってしまいます。

ほとんどの公式は、原理から簡単に導出できますので、
導出を覚えたほうが、使いどころも分かるので、
学習効率がよいです。

田原式では、原理から法則を導いて問題を解いていきます。
問題に応じて、どの法則を導くのかという基準も明確にしています。
このように勉強していくと、楽しさと、点数が両立できますので、
もしよかったら参考にしてください。

春期講習
スポンサーサイト
tomatoさんへ

物理Web講座の田原です。
コメントありがとうございました。

▼物理で困っていること
 春から大学生で、高校では一応理系だったのですが生物と化学をとっていたので物理は全くの初心者です・・・。理学療法専攻なので物理の基本を独学しなければいけなくなって困っています・・。

【回答】
高校で理系だったということは、数3Cまでやっているということですよね。
それでしたら、物理の基本を学ぶのはだいぶ楽です。

高校物理の参考書で学ぶと、微積分を使わないという縛りがあるため、
体系立てて学ぶのが難しいため、
予備校講師が書いている、大学1年生向けの本などが分かりやすいかもしれません。

物理ネット予備校の講義も、大学で学ぶ内容と直結したやり方ですので、
tomatoさんには向いていると思います。

春期講習
sunny lettuceさんへ

物理Web講座の田原です。
コメントありがとうございました。

▼物理で困っていること
 困っていることとは少し違いますがコメントさせていただきます。
以前に複素数超入門を受講してなぜ波動に複素数が使われるのかが
自分の中でわかった瞬間、すべてがつながった感覚になりました。
高校で学ぶ数学も現象を表現するためにとても適した道具だということがわかっていれば、もう少し高校時代楽しく勉強できたと思うと同時にあまり真剣に学ばなかったことを後悔しました。
今回も波動の基本や考え方をきちんと見直すことで、その先の理解に苦しんでいる概念(群速度、分散関係)などの理解へのきっかけがつくれたらと考えております。

【回答】
複素数は、本当に便利な道具であると同時に、
不思議な道具でもあります。

数学の魅力が複素数には詰まっている感じですね。

群速度、分散関係について、高校物理では扱いませんが、
「うなり」をちゃんと理解すると、群速度と分散関係が何かがイメージできるようになります。

うなりは、振動数がことなる2つの波の合成波に生じる現象です。

言い換えれば、「分散がある波」の一番基本的な例になっています。

振動数が少しだけ異なる2つの波の合成波は、振幅が周期的に変化するような波形ができ、それが、ゆっくりと動いていきます。

この「ゆっくりと動く」速度が群速度で、一つ一つの波の速度が「位相速度」です。

この「振幅が周期的に変化するような波形」が目の前を通り過ぎていくときに、
振幅が大きい部分が通過するときに音が大きく聞こえるので、
うなりが聞こえます。

というかんじで、春期講習で扱う範囲ではないですが、「うなり」をキーワードにして、
考えてみると、群速度、分散関係への理解が進むと思います。

春期講習
510さんへ

物理Web講座の田原です。
コメントありがとうございました。

▼物理で困っていること
 波動の分野で、正弦波の式 y=Asin(2π/T)t y=Asin(2π/T)(t-x/λ)は暗記せざるをえないのでしょうか?

【回答】
物理で「暗記せざるを得ない式」というのは、実験から決まる式だけです。
それ以外は、ちゃんと説明できたり、理解できたりします。

正弦波の式の式を、

y=Asinθ と書くと、θを位相といいます。

原点の媒質振動の様子を考えると、単振動するので、θは時刻tに比例し、

tが周期Tだけ変化する間に、θは2πだけ変化します。

よって、

t:T=θ:2π

となり、θ=(2π/T)tとなります。

原点以外の点での振動は、原点での振動からどれだけ遅れているか(進んでいるか)
を考えて決めることが出来ますよ。
Yoshikiさんへ

物理Web講座の田原です。
コメントありがとうございました。

▼物理で困っていること
 医学部再受験で物理が必要になりましたが完全に忘れてしまっています。数学の三角関数や微積分を取り戻すことを優先してしまい、物理の対策が全くできておらず不安です。

【回答】
三角関数、微積分について復習がすんでいるようでしたら、
物理の勉強は、スムーズに進められると思います。

最初から勉強するつもりでやっていったほうが、
かえってやりやすいかもしれませんよ。

物理ネット予備校には、医学部再受験のかたがたくさんいらっしゃいますので、
phys-comなどで情報交換なども出来ると思います。

なにか分からないことなどありましたら、また、メールしてください。

春期講習
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。